お寺への支払い

葬儀が近付くと、業者に支払うお金とお寺に支払うお金の両方を準備しなければなりません。業者に支払う分は明細書を発行してくれますから、何にどれくらい掛かるのかを確認できますが、お寺に支払う金額の内訳は曖昧で困ることがあります。中には戒名料、読経料、御膳料といった具合に細かく内訳を明示してくれるお寺もあるのですが、ほとんどのお寺は総額しか提示してくれないのが実情です。無理に内訳を聞こうとすると関係が拗れますから、総額が納得できる範囲であれば、了承するのが無難です。因みに納得できる総額と申し上げましたが、これは相場との比較という意味ではなく、単純に「出せる額」を意味します。宗教関係の行為に対して細かく価格を設定すると、その行為の神聖さが失われてしまいます。檀家としては相場より高かろうが安かろうが、自分の収入の範囲で払える額であれば納得するのが賢い付き合い方です。お坊さんも相手の懐事情を見て判断しているわけではありません。お経は誰に対してもあげるのが仏教の基本的な態度です。そのお坊さんに対して失礼を働くのは得策ではありません。お寺との関係は葬儀の場だけでなく、末永いものになります。例えばお墓の管理、三回忌、七回忌、十三回忌といった節目を迎えると、否が応でもお寺に依頼することになります。