業者ならではのアドバイス

身内だけで葬儀を準備するとなると、何から手をつければよいのか分からなくなります。そこで是非葬儀業者を頼ってみて下さい。葬儀業者はその道のプロですから、素人が気付きにくいポイントを丁寧に教えてくれるはずです。例えば会葬者の人数把握や遺影の準備、挨拶者の選定等は素人でも準備段階で思いつきますが、副葬品や受付の手配、生花、献杯等は業者に指摘されて初めて気付く人も少なくありません。また遺体の安置場所について詳しく知っている素人は稀でしょう。葬儀業者に尋ねると、自宅で安置すればよいのか、それとも他所に預けるのか、喪主として取るべき選択肢が分かります。斎場や日程についても細かくアドバイスしてくれます。斎場は人気の高い場所であれば自由に日程を決められるわけではありません。そのような場合でも葬儀業者に任せることで、スムーズに場所を決定することが出来ます。寺への依頼、死亡届の提出も葬儀業者に代行してもらった方が良いでしょう。喪主自身で行うことも出来ますが、初めての経験であれば余りの忙しさで上手くいかないのは目に見えています。寺への依頼といっても、数分の電話で片が付くものではありません。その寺が菩提寺であるのか、戒名やお布施の費用はいくらか、といった相談も含めた依頼ですから、かなり詰める必要があります。死亡届も自分で全ての手続きをこなすのは骨が折れます。故人が亡くなって間もない頃ですから、役所で手続するのはいつも以上に面倒だと感じるはずです。印鑑を預けるだけで代行してくれるので、是非相談してみましょう。