喪主の代行

喪主は配偶者、長男、長女といった順で決まっていく慣習があるため、高齢の配偶者が形式的に喪主を務める一方、実際の事前相談、準備、各種手配は若い子どもが行うといったケースは珍しくありません。いわば喪主の代行なのですが、喪主が…

供養のバリエーション

散骨などの「自然葬」というものについては、基本的に自由であり、法的な制限がないため、どこに散骨をしたところで違法にはならないと考えられるでしょう。しかし、社会的マナーを考えておかなければ、いくら思い出が詰まっている場所と…

お墓のスタイル

お墓というものは、イメージ通り「子孫へと引き継ぐもの」というのが基本とされています。しかし、近年では継承しないタイプのお墓というのも増えてきているようです。これは、現代ならではのスタイルと言え「永代供養墓」と呼ばれている…

墓地購入の鍵

墓地を購入するにあたり、一番心がけるべきは、何と言っても事前の情報収集と言えるのではないでしょうか。自身の家族やお墓のスタイルに宗教や宗派の制限はあるかということや、埋葬できる親族の範囲はどこまでかということ、永代使用料…

葬儀費用

そもそも葬儀自体を遺族側として経験するということは人生の中でそうあることではないと言えるのではないでしょうか。各種手続きと通夜、葬儀などへの流れは知識があったとしても、それらの費用がどれくらいかかるのか、またどのタイミン…

遺族の立ち居振る舞い

人生の中で、そうそう「お葬式」というのは頻繁に経験するものではないでしょう。そのため、ほとんどの人が遺族側に立った時、多くの悩みを抱えてしまうのではないでしょうか。一般的に挙げられる悩みとして「お焼香」が挙げられるでしょ…

エンバーミング

交通事故や事件などでは、遺体の損傷が酷いということも避けては通れない事実であると言えるでしょう。このように、遺体の状態が良くないといった場合や、訳あって遺体を遠くに運ばなければならない場合、長期保存をしなければならないと…

変死や臓器提供というケース

いわゆる一般的でない亡くなり方も、稀にあるということも考えておきましょう。病死や自然死というものが一般的ではありますが、それ以外の亡くなり方の場合、すべて「変死」として扱われることになるでしょう。変死の場合には手続きが少…

連絡手段は何がいいの?

家族の危篤、臨終、および通夜や葬儀の連絡手段として、現代ではおおくのツールが存在するため、いったいどの手段が的確であるのか、頭を抱えてしまう人も少なくないのではないでしょうか。危篤や臨終の場合、深夜帯であったとしても、迅…

様々な墓

話題になる墓として挙げられるのは、夫婦墓と呼ばれるもので、夫婦のためだけの墓が最近ブームになっているという風に言われているようです。最近では、日本でも同性愛の結婚が一部で認められるようになったり、子供を作らない夫婦という…