花を扱うコツ

皆さんがフラワーショップなどで購入してきた花材を、ご自宅で、下処理される際に、様々な手順の水揚げや、枝分けを行っていくのではないでしょうか。

様々な花材の特徴や、性質を見極めながら下処理を行っていくのですが、フラワーアートの中では、その下処理方法が、正しく適切に行われることによって、花の寿命が大きく変わってくるなどと言われています。

最近は、フラワーアレンジメントの人気も高まり、様々なテキストブックや動画配信などが、市場に出回っていますが、できればフラワースクールやワークショップなどで、フラワーアーティストなどのプロの手さばきを、直接ご覧いただければと思われます。

花は生き物でありますから、新鮮な状態を保つために、様々な下処理を行っていかなくてはならないのです。

その花々の寿命を縮ませないというような技術が、どういったものであるのか、といったものを含めて、直接的に皆さんの目で見て実感していただければと思います。

→花とcaliと奏でる。フラワーアーティストの音楽 の topへ←